特別健康用食品 緑でサラナ 口コミ

コレステロールを下げる飲み物といえば?【特定保健用食品認定】

 消費者庁から「コレステロール」を下げる効果があるとして、特定保健用食品に認定されている唯一の飲み物をご存知ですか?

 

特定保健用食品の「緑でサラナ」

コレステロールを下げる効果があると認められている唯一の飲み物は、「緑でサラナ」です。

 

消費者庁からその効果を認められ、特別保健用食品(トクホ)に認定されています。

 

緑でサラナの缶には、特定保健用食品のお馴染みのマークがついています。

 

このマークは消費者庁が認めた食品にしか表示することができません。

 

緑でサラナは消費者庁が認めたコレステロールを下げることが期待できる唯一飲み物です。

 

緑でサラナでコレステロールが低下した実験結果

サントリー鰍ェ、緑のサラナを飲んでコレステロールが低下するかどうか臨床試験をしました。

 

この実験では緑でサラナを4ヶ月間 毎日2回飲み続けました。

 

コレステロールの変化を1週間おきに確認した結果は以下のようになります。

 

特定保健用食品認の緑でサラナ 口コミ[飲んでコレステロールが下がった! ]

 

この実験により、緑のサラナを飲み続けると3週間でコレステロールが低下することが確認されました。

 

  上のグラフでコレステロールが9週目から12週目で上昇に転じています。

 

試験期間が冬季に突入したためと説明があります。

 

グラフの下に※印でその旨の記述があります。

 

人は冬季にコレステロールを蓄える傾向があり、季節要因と考えられます。

 

この実験で注目したいのは、普段の運動・食習慣を変えず、緑でサラナを飲んだだけでコレステロールがどのように推移していくが調べられたということです。

 

この実験方法と結果から楽しい食事とコレステロール低下の両立が可能ということが分かります。

 

どうして緑のサラナが良いの?青汁は他にもあるけど?

緑のサラナにはコレステロール低下に効くSMCSが多く含まれています。

 

SMCSって何なのでしょうか?

 

SMCSは、S-メチルシステインスルホキシドの略で、野菜に含まれる天然アミノ酸のことです。

 

キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の植物に豊富に含まれます。

 

この天然アミノ酸であるSMCSは、肝臓の働きを助けることで『悪玉コレステロール』と呼ばれる、LDLコレステロールを下げる成分として知られています。

 

緑でサラナはブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)がたくさん含まれているのが特徴で、他の青汁と違うポイントです。

 

特定健康用食品 緑でサラナを飲んだ実際の口コミが知りたい!

サンスター鰍ェ行った臨床試験では、3週間でコレステロールの低下が見られたという実験結果がでました。

 

はたして緑でサラナを飲んだ全ての人が3週間でコレステロールが低下するのでしょうか?

 

緑でサラナの口コミを見ていると数週間でコレステロールの低下した人もいれば、数ヶ月かかった方かたもいます。

 

数ヶ月かかった人にはどんな落とし穴があったのでしょうか?

 

詳細は、こちらの特定健康用食品 緑でサラナの口コミを見てください。