緑でサラナに副作用はあるのか?気になるその成分とは?

3週間飲むとコレステロールが下がる緑でサラナ 副作用はあるの?

飲み続けるとコレステロールが下がる特定保健用食品の緑でサラナ

 

消費者庁が認める唯一のコレステロールを下げる飲み物です。

 

早い人は3週間程度でコレステロールが下がる緑でサラナ、すごい効果ですね。

 

 そんなに早くコレステロールを低下させる緑のサラナ、カラダに負担のかかる成分が入っていないのでしょうか?

 

緑でサラナの成分

緑でサラナの成分を次に挙げます。

 

 

緑でサラナに副作用はあるのか?

 

 

緑でサラナの成分は野菜と果物です。

 

野菜と果物だけなんてとても意外ですね。

 

サラナの原材料はブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモンといった8種類の青やサイト2種類の果物といった自然食品でできています。

 

そして、保存料、香料等は一切含まれておりません。

 

つまり、副作用のある成分はまったく入っていません。

 

でも、一つ注意することがあります。

 

それはアレルギーです。

 

緑でサラナには”リンゴ”が含まれています。

 

リンゴにアレルギー反応があるかたは、緑でサラナを飲むのを控えた方がよさそうです。

 

リンゴにアレルギー反応?と不思議に思われる方もいるかもしれませんが、多くは無いにしろリンゴにアレルギー反応を示す方がいらっしゃいます。

 

緑でサラナの缶にも、「アレルギー物質:りんご」と表示されています。

 

リンゴにアレルギーがある方は気を付けてください。

 

実際に緑でサラナを飲んだ方の感想が気になる方は、緑でサラナの口コミを参照してください。

 

ところで、緑でサラナの成分は野菜や果物だけなのにどうしてコレステロールが低下するのでしょうか?

 

どうして緑のサラナを飲むとコレステロールが下がるの?

野菜と果物の成分しか含まれていないのにどうして、コレステロールが低下するのでしょうか?

 

緑のサラナにはコレステロール低下に効くSMCSが多く含まれています。

 

SMCSって何なのでしょうか?

 

SMCSは、S-メチルシステインスルホキシドの略で、野菜に含まれる天然アミノ酸のことです。

 

キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の植物に豊富に含まれます。

 

この天然アミノ酸であるSMCSは、肝臓の働きを助けることで『悪玉コレステロール』と呼ばれる、LDLコレステロールを下げる成分として知られています。

 

緑でサラナ、このSMCSがたっぷりと含まれています。

 

なぜなら、キャベツとブロッコリーがメインの青汁だからです。

 

野菜と果物だけの成分でコレステロールが低下するのは、キャベツとブロッコリーの成分が効いていたのですね。

 

緑でサラの副作用まとめ

緑でサラナの副作用のまとめは次のようになります。

 

・ 緑でサラナは野菜と果物の成分でできていて副作用はない

 

・ リンゴのアレルギー成分があるので注意

 

・ 野菜と果物の成分だけでコレステロールが減るのはSMCSが含まれているから

 

・ SMCSはアブラナ科の野菜であるキャベツやブロッコリーに多く含まれている

 

・ 緑でサラナはキャベツやブロッコリーの成分がメインである