緑でサラナ 妊娠中に飲んでも大丈夫?

緑でサラナ

飲み続けるとコレステロールが下がる特定保健用食品の緑でサラナ

 

消費者庁が認める唯一のコレステロールを下げる飲み物です。

 

ヒト臨床試験で緑でサラナを飲み続けて3週間でコレステロールの低下が確認されています。

 

すごい効果ですね。

 

 そんなに早くコレステロールを低下させる緑のサラナ、妊娠中に飲んで大丈夫?

 

何か特別な成分、カラダに負荷をかける成分は入っていないの?

 

大事なおなかの赤ちゃんへの影響はないの?

 

緑でサラナの成分

緑でサラナは妊娠中の方が飲んでも大丈夫です。

 

カラダに優しい成分でできているからです。

 

緑でサラナの成分を次に挙げます。

 

 

緑でサラナ 妊娠中に飲んでも大丈夫?

 

 

緑でサラナの成分は野菜と果物です。

 

野菜と果物だけなんてとても意外ですね。

 

サラナの原材料はブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモンといった8種類の青やサイト2種類の果物といった自然食品でできています。

 

そして、保存料、香料、塩、砂糖は一切含まれておりません。

 

つまり、副作用のある成分はまったく入っていません。

 

とてもカラダに優しい飲み物なんです。

 

緑でサラナは、妊娠中の方が飲んで大丈夫です。

 

砂糖は入ってないの?と思われる方もいるかもしれません。

 

砂糖が入っていなくても"まずい"、"飲みにくい"ということはありません。

 

甘みを出すためにりんごが入っています。

 

りんごの甘みで口当たりがやさしく、飲みやすい青汁になっています。

 

でも、一つ注意することがあります。

 

それは飲みやすくするために入れている果物、まさにそのりんごなのです。

 

気を付けなければいけないのはりんごアレルギーです。

 

緑でサラナにはりんごが含まれています。

 

りんごにアレルギー反応があるかたは、緑でサラナを飲むのを控えた方がよさそうです。

 

りんごにアレルギー反応?と不思議に思われる方もいるかもしれませんが、多くは無いにしろリンゴにアレルギー反応を示す方がいらっしゃいます。

 

緑でサラナの缶にも、「アレルギー物質:りんご」と表示されています。

 

妊娠中の方でも、そうじゃない方でもりんごにアレルギーがある方は気を付けてください。

 

実際に緑でサラナを飲んだ方の感想が気になる方は、緑でサラナの口コミを参照してください。

 

ところで、緑でサラナの成分は野菜や果物だけなのにどうしてコレステロールが低下するのでしょうか?

 

 

お腹の中の赤ちゃんにも優しい緑でサラナ

 

 

緑でサラナのカラダに優しい成分についてさらに詳しく

野菜と果物の成分しか含まれていないのにどうして、コレステロールが低下するのでしょうか?

 

緑のサラナにはコレステロール低下に効くSMCSが多く含まれています。

 

SMCSって何なのでしょうか?

 

聞きなれない成分ですがカラダにとって優しい成分なんです。

 

SMCSは、S-メチルシステインスルホキシドの略で、野菜に含まれる天然アミノ酸のことです。

 

キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の植物に豊富に含まれます。

 

この天然アミノ酸であるSMCSは、肝臓の働きを助けることで『悪玉コレステロール』と呼ばれる、LDLコレステロールを下げる成分として知られています。

 

緑でサラナ、このSMCSがたっぷりと含まれています。

 

なぜなら、キャベツとブロッコリーがメインの青汁だからです。

 

野菜と果物だけの成分でコレステロールが低下するのは、キャベツとブロッコリーの成分が効いていたのですね。

 

キャベツとブロッコリーに含まれる成分をメインにできているカラダにやさしい、お腹の中の赤ちゃんにも優しい成分なんです。

 

 

お腹の中の赤ちゃんにも優しい緑でサラナ

 

 

 

緑でサラナは妊娠中の方が飲んでも大丈夫まとめ

緑でサラナの妊娠中の方が飲んでも大丈夫です。

 

まとめると以下の様になります。

 

・ 緑でサラナは野菜と果物の成分でできていている

 

保存料、香料、塩、砂糖は含まれていない

 

リンゴのアレルギーがある方は注意

 

・ 野菜と果物の成分だけでコレステロールが減るのはSMCSが含まれているから

 

・ SMCSはアブラナ科の野菜であるキャベツやブロッコリーに多く含まれている成分で妊婦さんのカラダとお腹の中の赤ちゃんに優しい